キタノはこれからも
「明日のニーズ」にチャレンジを続けます。

 
 あらゆる産業から暮らしまで、プラスチック製品の領域は拡大の一途をたどっています。軽い、加工しやすい、強い…などの特性が、鉄やガラスに代わる製品づくりを可能にしたのです。まさに無限の可能性を秘めた素材といえます。
 さまざまなプラスチック製品分野で、とくに当社が力を入れているのが医薬品容器や食品容器です。高度な品質保証に対応する生産体制を構築するとともに、業界に先駆けて数々の特殊形状を提案、採用されてきました。いずれもいまでは「ごくあたり前の容器」と親しまれているものばかりです。
 容器形状やデザインは、製品の使い易さや店頭での注目度を高める重要な要素です。キタノ製作はこれからも、「こんな形は?」「あんなデザインは?」といった明日のニーズに独自の生産技術と企画力でお応えしてまいります。